車と旅行大好き!

35歳で夢のポルシェ購入への道をつづります。

ポルシェ マカン購入への壁~お金編~その3(オプション後編)

前回までは主要なマカンのオプションについてみてきました。

今回はさらなる深みにはまる?オプション後編をお届けです!

 

オプション紹介は一旦今日で完結させます!

 

選択可能なオプション装備たち

実は項目だけで、まだまだこんなにもあります!

かなり詳細に分かれているので、すべてを紹介するのは難しいので、私の興味がわいたものをご紹介します。

 

f:id:epikoepiko3:20210208083217p:plain

 

パッケージオプション

これは右ハンドル0円、というものしか選択できません。

マカンは日本国内に入ってくるモデルはすべてが右ハンドル仕様のため、選択してもしなくても右ハンドルになるので、あまり意味ないのかもしれません。

 

エクステリア

ここのパートがなかなかの金食い虫です。

1.パノラマルーフ(27万円)

f:id:epikoepiko3:20210208083654p:plain

 

2.サイドブレードボディ同色塗装(10万円)

標準ではブラックになっています。好みがわかれるところですが、個人的には標準の黒の方がアクセントになっていいかなと思いました。

f:id:epikoepiko3:20210208083842p:plain

 

3.ロゴをマットブラック塗装(10万円)

カッコいいかもしれませんが、ちょっとお高い・・・。

f:id:epikoepiko3:20210208084019p:plain

 

4.スポーツデザインパッケージ(50万円

エアロパーツですね。他社でも前後左右とそろえるとこのくらいの価格になるかと思いますので、お好みで、という感じですね。私は絶対要りません、というか無理です(笑)

f:id:epikoepiko3:20210208084127p:plain

 

5.スポーツデザインミラー(8万円)

根本が二本に分かれて空気が抜けるようなデザインになります。かっこいいような気もしますが、オーナー以外気づかないような隠れオシャレアイテムかなと。

f:id:epikoepiko3:20210208084321p:plain

 

ドライブトレイン/シャーシー

1.7速ポルシェ ドッペルクップリング、通称PDK(0円)

いわゆる2ペダルで操作可能なオートマ機構です。マカンでは0円で標準装備ですが、ケイマンやボクスター、911なんかではこちらが50万円近いオプション設定になっています。マカンは良心的ですね!

 

2.ポルシェアクティブサスペンションマネージメント、通称PASM(20万円)

  それのエアサスペンションver(50万円

 

PASMはバネの減衰力?を、エアサスペンションは文字通り空気の力を利用して、それぞれコンフォート、スポーツ、スポーツプラスという3段階の硬さを選択できるものです。マカンはもともと乗り心地がとても良い車ですので、不要だとする人もけっこういるらしいです。個人的にはつけたいかなと思ってます。電子制御サスペンション、あこがれます(笑)

 

3.スポーツクロノパッケージ(19万円)

ポルシェのオプションといえば、これですね!ダッシュボード中央につくストップウォッチがつくのですが、なぜか?スポーツプラスモードも追加されるものです。ステアリングに丸いつまみがついて、そこで走行モードの変更ができます。

 

4.スポーツエグゾーストシステム+左右2本ずつブラックテールパイプ(40万円

これもポルシェのスポーツカーではぜひともつけたいと思わせるものです。

外観上はマフラーが全部で4本だしになり、かなりスポーティな印象に。

そして排気音がかなり勇ましいものに変わります。贅沢なオプションですが、個人的には欲しいなと思います。

f:id:epikoepiko3:20210208085509p:plain

 

5.ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ、通称PSCB(50万円

簡単にいうと、超高性能なブレーキシステムだそうです。制動力が高いのはもちろんのこと、欧州車でありがちなブレーキダストの汚れがほとんどつかないのがウリ。

ダストがつかないのは魅力的ですが、それにこの価格はちょっと手が出ないかな・・・。キャリパーは白色になります。よっぽど汚れない自信があるんだと思いました。

f:id:epikoepiko3:20210208085635p:plain

 

ライト

1.LEDヘッドライト、PDLS付き(18万円)

  LEDヘッドライト、ブラックPDLS付き(25万円)

標準でLEDライトが装備されるのですが、こちらのオプションはいわゆるアダプティブヘッドライト(光軸を自動的に調整してくれる機能あり)になるんだと思われます。

ブラックとの違いは、表面の色が黒いかどうかだけのようです。

f:id:epikoepiko3:20210208090031p:plain

 

2.ティンテッドLEDテールライト(13万円)

ブレーキランプの部分は通常だと赤いのですが、そこをブラックにするものです。お好みパーツですね。

f:id:epikoepiko3:20210208090218p:plain

 

3.プライバシーガラス(8万円)

これは暗いフィルムを貼るものです。リア3面の施工のようです。

 

インテリア

1.シートヒーターフロントのみ(7万円)

  フロント+リア(14万円)

お尻をあっためてくれる素晴らしい機能です。

 

2.シートベンチレーションフロントのみ(16万円)※レザーパッケージ装着時のみ

お尻や背中を冷やしてくれる素晴らしい機能です。あこがれます!これ単品での価格はそこまで高くないのですが、標準シートでは選べず、レザーシートのオプションを選択時のみ選べるものです。実質レザーシートと組み合わせると70万円くらいかと思います・・・。

 

3.ヒーター付きGTスポーツステアリング(9万円)

ステアリングのヒーターもついたかっこいいステアリングです。良いと思います!

f:id:epikoepiko3:20210208090614p:plain

 

4.ガーネットレエッド シートベルト(7万円)

色がついたシートベルトに変更できます。差し色にいいアクセントですね!

 

f:id:epikoepiko3:20210208090840p:plain

 

レザー他インテリア

ここから先は、完全なるぜいたく品エリアです。

レザーやアルカンターラ(Race-Tex)、ウッドにカーボンの素材をふんだんに使ったものを選択できます。

目に入るあらゆる部分をその素材に変更可能ですので、こだわりの1台に仕上げる方にはワクワクする部分かもしれません。

ほんの一例だけ・・・。

 

1.Race-Texルーフライニング(22万円)

天井全体をアルカンターラ(Race-Tex)素材で覆うものです。手触りの良い素材を天井全体に使うなんてなんと贅沢なんでしょうか!!

 

2.Race-Texヒーター付きGTスポーツステアリング(17万円)

ステアリングもあこがれのアルカンターラに変更できます!かっこいい!

f:id:epikoepiko3:20210208091442p:plain

 

以上で、長かったオプションの紹介を完結とさせていただきます!

全部紹介したいのですが、オプションの量が多すぎてなかなか大変です・・・。

 

次回は、この中で私が吟味して選んだもの、そしてようやく本題?のどうやってお金の問題を解決するのか、お届けしていきたいと思います!

 

長文読んでくださりありがとうございました!