車と旅行大好き!

35歳で夢のポルシェ購入への道をつづります。

マカンに1年乗ってみての感想!

みなさん、こんにちは!

ポルシェのマカンベースグレードが納車されたのが2021年5月です。

なんといつの間にか1年2カ月が経過しておりました!

 

改めて1年マカンに乗ってみての率直な感想についてお知らせしたいと思います。

 

マカンに1年乗ってみての感想

エクステリア

ホワイトボディであることも相まってか、とてもかわいらしく、だけどかっこいいと思っています!社名にクーペという文字はありませんが、横からみたフォルムはSUVクーペそのものです。白と黒のコントラストもとても気に入っています。

10点満点中、10点です!

インテリア

私のマカンはマカンⅡと呼ばれるモデルですので、各スイッチは物理ボタンのタイプです。現行型ではすっきりしたブラックパネルに変わっており、古臭さは否めません。ですが、ほぼ視線を落とすことなく操作ができることは便利に思っていますし、飛行機のコックピットのような雰囲気も好きです。

内装のオプションを何も入れていない私のマカンですが、不足はないです。高級感あふれる!という感じではもちろんないですが、チープすぎ!というわけでもありません。見せ方が上手いのかなと思います。

気になるポイントとしては、ダッシュボードの中?から時折プラスチックが変形する音?パキ!という音がします。営業さんに聞いてみたのですが、これはマカンに限らず他のモデルでも発生するとのことで、ポルシェのお約束のようです。。。

レザーとアルカンターラのミックスのシートですが、長時間座っていてもお尻が痛くならず素晴らしいシートだと思います。

 

10点満点、9点!

パキ!という異音と現行の操作パネルはやっぱり美しいので少し減点!

乗り心地

私のマカンにはPASMと呼ばれる電子制御ダンパーがついています。コンフォート、スポーツ、スポーツプラス?の3つのモードが選択可能です。そしてホイールは18インチです。普段は3段階中の真ん中のスポーツに設定して乗っています。

コンフォートは確かに乗り心地は良いのですが、大きな段差を乗り越えたときの揺すられ具合がとても大きいです。いろいろ試したところ、真ん中のスポーツに落ち着きました。

通常の道を走る上では不快な突き上げはなく、快適な乗り心地です。

ただ、店舗に入る際の段差を乗り越える際は、けっこう体が揺すられる印象です。この点は先日試乗したカイエンクーペではかなり抑え込まれていましたので、クラス相応というところかもしれません。オプションのエアサスペンションを装着することで、この点は解決できるのではないかと思います。乗り心地を重視される方、大きなタイヤホイールのオプションを選択される方は、エアサスのオプションを付けたほうが幸せになれるかもしれません。

 

10点満点中、8点!

やはり大きな段差を乗り越える際の横揺れは気になります・・・。

走り、音

ポルシェのどの車種においても購入検討する誰もが気にする部分と思います。ベースグレードは4気筒エンジンということもあり、どうなの?と思われる方も多いと思いますが、日常使いにおいて充分異常なパワーを見せてくれます。車重は軽い部類にはないですが、発進加速は思いのほか軽快で、気持ちのよい加速を見せてくれます。ちょっとこの制御はドイツ車というより、日本車っぽい味付けかなと思ったりもします。6気筒モデルのマカンSやGTSであれば、もう少し重厚な走り味になるのではないかなと。

高速道路においての走りは、安定感バツグンで素晴らしいの一言。路面への吸い付きが一層高まり、どこまで踏んでも安心感は変わりません。いつまでも高速道路を走っていたい気分になります。気持ちいいです!

スポーツクロノパッケージをオプション装着すると、ステアリングにモード切替のつまみが付きますが、これがとても使いやすいです。BMWはシフトノブ付近にモード切替があり、視線を落とす必要がありましたが、ポルシェのスポクロ装着車の場合は、手元を見ずにスポートモードへ変更することができて気軽に変更できます。

ひとたびスポーツモードに入れれば、車が軽くなったかのような豪快な加速を見せてくれます。0-100kmまでの加速は6.5秒くらいだったと思うのですが、これは私が前に乗っていたBMWのオープンスポーツカーのZ4と同等の数字です。ポルシェの中ではゆったりな部類に入りますが、世間的にみれば十分なスペックを備えています。

エンジン、マフラー音ですが、私はスポーツエグゾーストシステムを装着していますので、音の変化を楽しむことができています。オンとオフとでは車内に入ってくる音量に明確な差があり、気分に応じて変えています。6気筒モデルに比べると官能的な、ドロドロとしたエンジン音、バラバラという派手なマフラー音は聞こえてきませんが、やる気にさせてくれる音は車内に届きます。マフラーからのバブリング音は、スポーツモードに入れることで鳴りますが、そこまで車内には入ってこないので迫力を求めるならS以上のモデルをオススメしたいです。ただ、疲れている時に乗ると、その音が不快に感じるときがあるため、ベースモデルのスポエグをオフにした状態で乗ると静かで心地よいというメリットもあります(笑)ベースモデルはよくも悪くも静かに走れると思います。

 

10点満点中、10点!

背の少し高いスポーツカーです。

総評

乗り心地が良くて、スポーツカーのような走りができるその気持ちよさに惹かれて、平日の夜にもあてもなく運転する機会がとても増えました。走行距離がけっこう伸びてしまっていて、少し困ります(笑)

全く不満がない、というと嘘になりますが、バランスよくまとまった素晴らしい車だと私は思っています。

7年前くらいにマカンが発表された瞬間からずっと憧れの車だったマカン。

所有することができたということだけも正直奇跡というか、夢のように思っています。駐車場に止まっている姿を見るだけで、いまだにうっとり眺めてしまっているほど気に入っている車です。スポーツカーのような走りを楽しめ一方で、後席は広くはないですが大人が乗れること、荷室も充分な広さもあって、4名家族であれば実用性も充分だと思います。

ポルシェ=手の届かない存在、と思っていた時期が私にもありましたが、現行のマカンにおいては定価こそ800万円に迫る価格になりましたが、標準装備がとても充実していますので、850万円~900万円ほどで快適なマカンに乗ることができます。車の価格自体が高騰していますので、X3やGLCなどとそこまで大きな価格差はないのではないかと思います。気になる方は、ぜひとも一度実車を見ていただきたいと思います!

とにかく楽しい車です!

気になること

ですが、やはり6気筒エンジンが気になる、というのが本音です。燃費悪化、過剰なエンジンスペックであることは重々承知しているのですが、一度は乗ってみたい!という思いはマカンに乗れば乗るほどその気持ちが強くなってきています。

絶賛車貯金を進行中ですので、タイミングが合えば初回車検時に6気筒モデルへ乗り換えたいと密かに思っています。マカンこそ5年乗る!と思っていたのですが、わずか1年でその計画もまた変わってきています・・・(;^_^Aただ、同じ車種で乗り換えたいと思ったのはマカンが初めてですので、それだけ魅了する力のある車だと思います。

 

以上が、私の感じたマカンに乗って1年の感想でした。

個人的な感覚となりますのでその点ご了承ください!

 

長文を最後までお読みくださりありがとうございます!

次回もよろしくお願いします。