車と旅行大好き!

35歳で夢のポルシェ購入への道をつづります。

【宿泊記】ポルシェマカンで行く!ザ・リッツ・カールトン日光!(その1)

みなさん、こんにちは!

前回予告しましたとおり、先日リッツカールトン日光に宿泊してきましたのでその様子を皆様にお知らせしたいと思います。

 

雪が降れば延期!という状況の中、天候に恵まれて無事滞在することができました。

リッツカールトン日光をご検討中の方、マカンが気になる方もぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです!

 

ザ・リッツ・カールトン日光とは

まずはリッツカールトンのおさらいから!

誰もが一度は聞いたことのある高級ホテル、それがリッツカールトンブランドです。

マリオットボンヴォイ系列のホテルチェーンとなっていて、その中でもラグジュアリーな立ち位置のホテルです。

マリオットホテルやシェラトン、ウエスティンなんかも同系列のホテルになっていて日本国内にも数多くのホテルがあります。

 

f:id:epikoepiko3:20220306212901p:plain

 

なんでリッツカールトン日光を選んだのか

実はわたしはマリオットボンヴォイのゴールドエリートという会員資格をもっていて、毎年無料宿泊の特典を受けることができます。

f:id:epikoepiko3:20220306213337p:plain

 

コロナ渦になってからすっかり利用できていなかったので、先日のリッツカールトン日光が久しぶりの1泊目になっています。

 

そうです、今回の宿泊は無料宿泊の特典を利用したものとなります!

一休やじゃらんのリンクはこちらになりますので気になる方は覗いてみてください。

ザ・リッツ・カールトン日光 一休.com

ザ・リッツ・カールトン日光 じゃらん

SPGアメックスを作るだけでゴールドエリート会員の資格がもらえます!

少し話がそ,れますが、私がゴールドエリート会員の資格を持っているのは巷では超有名なSPGアメックスカードというクレジットカードを保有しているためです。

年会費は34,100円と決してお安くはないのですが、先ほど伝えたように毎年1泊分として利用できる50,000ポイントがもらえますので、年会費のもとを取ることは充分に可能です!

そう、素晴らしいカードだったのです。。。

ですが先日、SPGアメックスカードが大幅に刷新されることが発表となりました。

詳細は他のブログでもたくさん書かれていますので検索していただければと思いますが、年会費が49,500円と15,000円も値上がりしています・・・。

今後継続するかどうかは悩んでいますが、このカードのおかげで今回リッツカールトン日光にポイントで宿泊することができました!

奇跡的に無料宿泊の権利が使える50,000ポイントで予約ができました!

 

一休やじゃらんで予約すると9万円前後と当日は表示されていたと思います。。。お得!

ザ・リッツ・カールトン日光 一休.com

ザ・リッツ・カールトン日光 じゃらん

ポルシェマカンで向かいます!

奇跡的に取れた予約にウキウキしながら当日はAM11時ごろ自宅を出発!

f:id:epikoepiko3:20220306230229p:plain

高速道路2:一般道8の割合でのドライブです。

当日は暖かい日ということもあり、また田舎の広い道を走るコースだったこともあり気持ちのよいドライブでした!

一般道も快適なマカンですが、高速道路においては快適なのはもちろんのこと、さらに安定感もマシマシで本当に運転が楽です。楽なのですが退屈ということはなく、アクセルを踏みたくなるような、気分を高揚させてくれます!スポーツエグゾーストシステムをオンにして走っていました(笑)

コロナ渦であること、また平日の真昼間の移動だったこともあったのか、道路はガラガラでした。特に日光宇都宮道路はほぼ車はいませんでした(;^_^A

 

マカンに乗り換えてから初めての峠道であるいろは坂ですが、やはりSUVということもあって揺すられ感は以前乗っていたZ4と比べると大きいかなという印象です。低重心のスポーツカーと比べても仕方ないですね。。。ただ、グイグイと曲がってくれるし、パワー不足を感じる面は全くなく、すいすいと上ってくれるので走りやすかったです!

 

ザ・リッツ・カールトン日光に到着!

いろは坂を上り終えてすぐの場所にリッツカールトン日光はあります。

f:id:epikoepiko3:20220306221007p:plain

リッツカールトン日光では駐車場が完備されているのですが、バレーサービス(3,000円)を利用することになります。

完全予約制というわけではないようですが、バレーサービスを利用されたい場合には事前予約がオススメのようです。

私はバレーサービスを予約していたのですが、他人に車を預けるのが苦手なため、ダメ元で自分で止めてもいいかどうか確認したところ、どうぞ!とのことで好きな場所に自分で止めることができました。もちろん3,000円はお支払いしました!

迷惑な客ですみません・・・。

ホテルの目の前が駐車場になっていて、20台前後が止められるスペースがあったと思います。

私は安定?の一番端っこに止めました!

f:id:epikoepiko3:20220306221555p:plain

建物のすぐ横には充電設備が4つほどありましたので、電気自動車の充電環境は整っています。当日は電気自動車はいなくて、ベントレーとレンジローバーが鎮座しておりました。。。

f:id:epikoepiko3:20220306221722p:plain

ポルシェは私のマカン以外はおらず、少し寂しい気がしました。。。

 

車を置いて、入口へ向かいます。

f:id:epikoepiko3:20220306222101p:plain

f:id:epikoepiko3:20220306222118p:plain

近くにある男体山をモチーフにしたオブジェのようです。

f:id:epikoepiko3:20220306222137p:plain

重厚な扉が!入口にはタオルも用意されていました。

f:id:epikoepiko3:20220306222154p:plain

 

早速お部屋へ!

チェックインの手続きはバーで行いました。マリオットボンヴォイの会員であるため個人情報の記載は必要がなく、ディナーと翌日の朝ごはんの予約状況の確認があったのち、すぐにお部屋へご案内となりました。

 

部屋はこちらです!

f:id:epikoepiko3:20220306222528p:plain

お風呂場が広い!

f:id:epikoepiko3:20220306222550p:plain

浴槽からは男体山を眺めることができました。もちろんカーテンのような目隠しが電動で降りてくるスイッチもありましたのでご安心ください!

f:id:epikoepiko3:20220306222614p:plain

洗面台は2か所ありました。2か所あると便利ですね!

f:id:epikoepiko3:20220306222636p:plain

外の写真を撮り忘れてしまったのですが、目の前に男体山がきれいに見える3階のお部屋でした。案内してくれた方はリバーサイドガーデンビューのお部屋と言っていたのですが、きれいに男体山も拝むことができる位置にある部屋でしたので、リバーサイドの中でも眺めの良い部屋を選んでくれたのかもしれません!

 

こちらウェルカムフルーツです!

甘くておいしかった!

f:id:epikoepiko3:20220306223544p:plain

ホテル周りの散策しました

イチゴをぺろりと食べたあと、ホテル内の探検と周辺を歩いてみました。

驚いたことにホテル周辺にはほとんど人がおらず、そしてお店もほぼやっていないという閑散とした雰囲気でした。。。信号機も昼間から赤が点滅というびっくりな光景です。ホテルから徒歩5分ほどで華厳の滝の駐車場に行けるのですが、ほとんど車は止まっていませんでした。感染予防は徹底して行っての今回の旅行を決断したのですが、世の中はやはりまだまだ自粛の中にあることを再認識しました。。。

f:id:epikoepiko3:20220306225633p:plain

f:id:epikoepiko3:20220306225659p:plain

リッツカールトン日光には温泉があります!

リッツカールトン日光にはブランド初の温泉大浴場が備わっています。散策を終えてから入ってきました!

ほとんど他のお客さんはおらず、貸し切り状態でした。リッツカールトンで温泉に入れるとは何とも贅沢だなと思いました。大浴場だけじゃなく、貸し切り風呂も用意があるとなおいいなと思いました。部屋のお風呂も温泉だったらなぁと。

 

次回、その2へつづきます!夕食、翌日の朝食の様子をお届けします。

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございました。

次回もよろしくお願いします。