車と旅行大好き!

35歳で夢のポルシェ購入への道をつづります。

マカンの気になるところ

先日はマカンが納車されてから1か月経ったところでの、主に良い点をお伝えしました。

今日は少し気になる点について触れていきたいと思います。

個人的な感想・意見となりますので間違っていることがありましたらすみません!

 

アイドリングストップ中にシートベルトを外す、もしくはドアを開けるとエンジンが自動的に再始動せず、イグニッションをオンにしなおす必要がある。

いきなりすごくマニアックなところから記載してみました(笑)

そんなこと?って思われるかもしれませんが、地味にこれ不便です。

 

最近ですと、テイクアウトをすることが増えたのですが、その際はお店の駐車場に停車したのちに、妻を車内に残して私が店内に入って品物を受け取ることが多いです。

  1. 駐車場に着いたらギアをパーキングに入れる
  2. アイドリングストップがかかる
  3. シートベルトを外す  ←この時点でエンジンが再始動しません
  4. ドアをあける    ←シートベルトを外していなくてもドアを開けると同じく再始動は自動的にはしません。

何が不便かというと、車内に残される妻はエアコンが止まった灼熱の車内で待たなければならないことです(;^_^A

Z4や3シリーズはそういった挙動はなかったため、今回マカンに乗り換えてから不便で仕方ありません。

アイドリングストップを解除するボタンはもちろんあるのですが、それを押す習慣がないので、今後はアイドリングストップを解除して乗るようにしたほうがいいのかなと思っています・・・。

 

ブレーキの効き

これはBMW Z4との比較になるので、マカンの直前に何に乗っていたかで印象は変わってくると思いますが、正直なところ、Z4に比べてマカンのブレーキは効きが甘いというか同じタイミングでブレーキを踏んでも、思ったとおりに止まってくれません。

もちろんしっかりとブレーキを踏めば、鬼の制動力をマカンも発揮してくれるのですが、Z4の初期制動の強さに慣れてしまうと、少し心もとない印象を受けてしまいます。

オプションに設定されている白いキャリパーのPSCBであれば、もっとガツン!と止まるのかもしれませんが、高額オプションのため、私には選択できませんでした(;^_^A

止まらないわけではないので、私自身が慣れるしかないかなと今は思っています。

 

f:id:epikoepiko3:20210629230937p:plain

 

燃費

事前にわかっていたことですが、燃費はよくありません。街乗りメインということもあると思いますが、1リッターあたり10kmを少し下回るくらいだと思います。

同じ使い方をしていたZ4だと11kmくらいはコンスタントに走ってくれていましたので、給油のたびに金額が心にささります(笑)

燃費記録は近々アップしたいと思います。

 

 ワイパーブレードのびびり音

欧州車あるあるですが、アウトバーンなどで高速域で走行中にもしっかりと窓を拭けるようにと少し窓ガラスへの圧力が強めに設定されているようで、日本車のように無音でワイパーが動いてくれません。

Z4もそうだったので、またか・・・、という感じなのですが、やはり気になっています。

現在はZ4時代からの愛用品であるストナーのインビジブルガラスというものを使って対策は行っております。拭き跡が残りにくく、適度な撥水で雨の日の運転も安心です。

f:id:epikoepiko3:20210629231723p:plain

 

ブレーキダスト

これもワイパーブレード同様に欧州車あるあるだと思います。

Z4もそれなりにダストは出ていたのですが、マカンの場合はさらにダストがホイールについているような気がします。

洗車をするときにきれいにしていますが、やはり手間なので低ダストパットに手を出すかどうか悩んでいます。

 

ハザードランプのスイッチの位置

これも試乗したときから気になっているのですが、ハザードランプのスイッチが左ハンドル仕様のため、運転席からだと押しづらいです。

慣れるかな、と思ってはいるのですが、たまに近くにある違うボタン(デフロスター)を押してしまい、熱風が全開で出る被害にあっています(^^;

 

以上、小さいことばかりあげてしまいましたが、1カ月乗ってみて気になる点になります。

いろいろ書いていますが、走りに関しては文句なく気持ちよいですし、それでいて乗り心地も抜群ですので、ついつい無駄に遠回りをして走行距離が増えてしまっています(^^;

 

いつもお読みくださりありがとうございます!